(有)内山食品

蟹が茹で上がるまで

オホーツクの味覚を代表する海の幸「カニ」いったい、どんな風にゆでられているのでしょう?

入港
船の入港

当店は漁船が入る港、又、漁業市場に網走で一番近い店舗です。(市場まで約1㌔)
そのため摂れたての商品を新鮮なまま、活・ボイルに製品化することができます。
当店では新鮮な物を新鮮なうちにお客様にお届けすることをモットーに心がけ致しております。
仕入れに関しては社長自ら商品の目利きをして、お客様にお届けしても満足していただける物だけを厳選して仕入れております。


選別・仕入れ
蟹の仕入れ

社長自ら元気が良いもの、かたち、色、重さ等、丹念に厳選してカニを仕入れております。
意に添わなければ仕入れない時もあります。
その為、販売担当の者はお客様に販売するものが足りなくなるのではないかと心配することも度々あります。
(水槽には常時カニが入っておりますが、それでも心配になることがあります。)
お客様に満足していただくためには満足のいく仕入れが大切と考えております。


水槽
蟹の水槽

仕入れたカニは全て水槽に入れて元気を取り戻してもらいます。
船で運ばれるため仕入れたばかりのものは、やはり元気が少したりませんので、大きな水槽で休ませてやります。
当店ではカニ用に水槽を(一槽あたり一トン半の海水が入っております。)
6槽用意しており常時3トン以上の蟹を用意しております。


釜
蟹を茹でる釜

蟹を茹でて22年の頑固社長のこだわり。 塩加減、茹で時間を微妙に調整することにより甘み、旨み、も変わりますが、当社は丸釜で茹でることにこだわりを持っています。 この方法は甘味、旨みが残り食べた方々ほとんどの人が一味違うと好評していただいております。

◆拘りの丸釜:釜の中の湯の対流が万弁なく隅々まで届きますので個々の蟹が均一に茹であがります。 塩加減も社長自ら毎回計り、蟹の大きさ量、湯量、気温、時間等、色々加味し丁重に茹で上げております。 当店ではお客様のお買い上げ時に水槽から出し茹で上げますので新鮮で良質な物をお客様にお届けすることが出来ます。


茹で上げ
蟹を茹で上げ

当店では熟練した職人が長年の経験と塩加減で茹で上げますので、お買い上いただいた客様には非常に美味しいと大変満足していただいております。
蟹は水槽から元気の良い蟹だけを選んで一揆に茹で上げますので味、塩加減とも最高の商品をお届けすることができます。
又、当店ではお客様の注文が入りしだいボイルしますので、より新鮮な蟹をお届けすることができます。
活ガニも水槽から元気の良いものだけをお出ししておりますのでご家庭で新鮮な物をお召し上がりいただけます。

取り扱い商品一覧
 / タラバガニ ・ 毛がに ・ ズワイガニ ・ アブラガ二 ・ イバラガニ
オホーツク海鮮加工品など / 網走産釣きんき ・ 旬の蝦夷ばふんうに ・ ホタテ ・ ぼたんえび ・ イクラ ・ たらこ ・ しじみ
オホーツクの蟹蟹を美味しく食べる蟹が茹で上がるまで 網走産釣きんきを知る